EIJI MEETS SMOKIN'
北村 英治

定価3,000円(税込み)
CBCJ-0008

解説 岩浪洋三

 

  1. Candy (David-Whitney-Kramer)
  2. Mood Indigo (Ellington-Mills-Bigard)
  3. The Night Has A Thousand Eyes
    (Bernier-Brainin)
  4. I Thought About You (Mercer-Van Heusen)
  5. You'd Be So Nice To Come Home To
    (Cole Porter)
  6. Stompin' At Savoy
    (Goodman-Sampson-Webb-Razaf)
  7. Heartaches (Klenner-Hoffman)
  8. For Eiji (Buddy De Franco)
  9. Do You Know What It MeansTo Miss.
    New Orleans (Alter-Eddie De Lange)
  10. Cherolee (Ray Noble)
  11. Dream A Little Dream Of Me
    (Andre-Schwandt)

北村 英治(クラリネット)
宮之上 貴昭(ギター)
吉岡 秀晃(ピアノ…1,10)
宇多 慶記(ピアノ…2,3,4,5,6,7,8,9)
原 大力(ドラムス)
池田 きよし(ベース)
堀江 真美(ピアノ…11)
佐藤 マサノリ(プロデューサー)
堀江 真美(ディレクター、アレンジ…11)
宮之上 貴昭(アレンジ…1〜8)
石井 雅宏(エンジニア)

試聴できます:Candy (David-Whitney-Kramer)
「北村のジャズアルバムが作りたい。」
どうしてもモーニングショウの北村英治、『おもいっきりテレビ』のコメンテーター、穏やかなパイプくわえたおじさんのイメージ。 そんなイメージを吹き飛ばすアルバムを作れないか、プロデューサーの佐藤は、北村オールスターズの一員として一年半活動を共にしている。北村のプレイの凄さを知り尽くしている。若手とやらしたい。そんな人選がこ のアルバムのキャスティングになった。
北村も他のCDとは全く違う若々しい側面をアルバムいっぱいに発揮。何よりもギターの宮の上のリーダーシップがつぼを心得て見事だった。吉岡の ピアノも楽しいし、オルガニストとしても活動している宇田の繊細なタッ チも見逃せない。
原大力のドラムに北村はとても良く合う、音色こそ違うがオートンさんこと須永ひろしのドラムがいた頃の北村バンドを思い出してしまった。同じ 思いの当時のディレクター堀江真美がオートンさんを忍ぶ一曲「ドリーム アリトルドリームオブミー」にピアノで参加してしまった。「仲宗根かほる」のアルバムと共に海外から注文の多い一枚。
録音:1996年1月14日,15日,21日25日 東京阿佐ヶ谷 STUDIO SPACE VELIO にて

[ ホーム | 商品全カタログ]

[ 前の商品 | 次の商品 ]

お問い合わせはinfo@satoh-k.co.jp まで

Copyright. 2000-2004 Satoh Pranning Co.,Ltd. All right reserved.
Information on this site is for Japanese domestic market only